外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2014年10月08日

FZ1000 画質

パナソニックの1インチセンサー高倍率カメラ、DMC-FZ1000の画質の特徴が
最近何となく掴めてきた感じです。

それは、レンズの描写は全域でまあ良いのですが、やはり望遠端がちょっと
描写の感じが弱くなるのかな・・・という印象と曇雨天や日陰、JPEG撮って出しで
完結させたい場合、解像度、コントラスト、ノイズのバランスがなかなか
難しく、しっくりくる描写を得られる事は意外と少ない感じです。
(あくまでこちらの使用環境や用途に置いての主観です)

ぶっちゃけ、ISO125でも曇りの日はそれほどすっきりした画像は得られず
晴天であれば胸の透くような素晴らしい画質と感じています。

1インチセンサー同士で同じ日に撮った写真の比較。

FZ1000
resize0002562.jpg

RX10
resize0002561.jpg

FZ1000
resize0002563.jpg

RX10
resize0002564.jpg

露出の違いや設定の違いがあってきちんと比較はできませんが双方とも
同じようなセンサーなので暗めの日は同じように荒れた感じ増します。
結局、画質云々はカメラの設定で如何様にも変更出来てしまうので
画質に大きな差はないように思います。
そう、価格が高級だからと言って画質が極上とは言えないという事です。
同じサイズのセンサー搭載機同士であれば、画質はほぼ互角、
画像処理エンジンや設定の違いの方で個性を探りたいと思います。


ラベル:4K 画質 FZ1000
posted by FZ仙一 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 画質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。