外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2014年10月14日

FZ1000 レビュー

DMC-FZ1000を使い始めてもうすぐ3ヶ月が経とうとしている。

使用用途的には自然写真、風景、野鳥などでスナップやポートレートは
撮影対象となっていないので、偏ったレビューだが悪しからず。

スイッチを入れてから起動までは割と速いと感じ、待たされ感はない。
電動ズームは手動の一眼レフ用のズームレンズと比較するとレスポンスは悪いが
4K動画の為には必要だろう。(急いで望遠端、広角端に動かしたい時はもどかしいが)

画質は他の1インチセンサー機と比較して可もなく不可もなし。
レンズのズームレンジがソニーのDSC-RX10より広い事を考えると
よく検討しているレンズだ。
しかし気になる事もあり、たまに周辺光量不足が微妙に蹴られに近いような落ち込みを
する事があり、もう暫く様子を見て、酷ければ年末前に点検に出した方がよいかと考えてる。
だが、そう感じた写真を削除してしまったのか、見つからないのだ。
因みに、広角側はRX10の方がほんの少しだけシャープネスが強く感じる。
望遠端も一段絞らないと少し甘いかと。

質感は、RX10の方が金属ボディという前提があり、FZ1000のプラボディは
少々チープと感じるかもしれない。
どちらも黒い外装なので見た目こそ変わらないかも知れないが、
手に取って触ればRX10は金属の冷たさを感じる。

操作性については多機能であるが故、完全にスムーズな変更とはいかず、
メニューの階層を探る場合もある。

バッテリーの持ちは、この手のカメラでは平均的に悪い印象はぬぐえない。
ソニーの様にバッテリー残量表示に対応して貰いたい。

曇りの日はコントラストが落ち、感度も上がりやすいが気になる程の
悪化は今の所感じていない。
この点はRX10も似たりよったり。

トンボの写真
明るくない場所であったが、ディティールの再現は良好
resize0010.jpg

ロープに止まるトンボたち
resize0011.jpg

同じような場所で撮った写真の比較
FZ1000
resize0012.jpg

ソニー RX10(200oと400o、やはり結構大きさ変わります)
resize0013.jpg

地獄谷付近
FZ1000
resize0014.jpg

RX10
resize0015.jpg

血の池付近
FZ1000
resize0017.jpg

RX10
resize0016.jpg

いつもながらまともに比較が出来るような写真はないが、実写レビューの画像で
ライバル機、DSC-RX10との描写の違いを見てほしい。











posted by FZ仙一 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。