外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2015年09月18日

FZ1000 レビュー アケビコノハ(幼虫)

私は何でも撮影するスタンスなので、これと言って的を絞った撮影は行っておりません。
風景、市街地や人工物、花鳥風月なんでも撮りますが、あまり人気のないジャンルなのはわかっていますが昆虫も撮ります。

無論、美しい蝶や勇ましいカブトムシは絵になりますが、やはり昆虫というと苦手な人が多て見るのも嫌だという人が多いのも知っていますが、タイトルの通り、先日アケビコノハの幼虫を見ました。
実は、大発生しているようで、いつも野鳥を観察する淀川河川敷の草とかアケビの蔓にさばっています。

そもそもアケビコノハっていうのは、成虫は木の葉のような柄の羽の蛾です。
その幼虫がたくさんいまして、正直やや気持ち悪いのですが、特徴的なその姿はインパクト絶大です!

最初、ん?なんだろうって思いながら近づきました。
P2260139.res.jpg

えっ?何?、と思いつつ興味津々な私ですが・・・
アケビの葉っぱも後ろに見えてますねー。
P2260179.res.jpg

目玉のような模様がグロですが、そしてこの奇妙な格好で何匹も留っているので余計にグロテスクな感じですが・・・(ちなみに私は平気でつかめます!)
P2260194.res.jpg

はい、ジャポニカ学習帳ですね(笑)
P2260207.res.jpg

それで、まぁ他にはお見せできないような気持ち悪い昆虫たちばかりに遭遇し(例えばカメムシとかシデムシ、あとはオサムシなど)、コジュケイという鳥の、姿は見えないが鳴き声が響きわたる林の中を夕方まで徘徊、殆ど収穫なしといった感じです。

唯一救いだったのが、夕焼けがまぁ最近の天気を考えると綺麗だったことぐらい。
(と言いつつ、ブログ書いている最中は雨になってますが)

その夕焼けですが、日没後30分経過したあたりが見ごろ、と昔から言い聞かされてきました。
こちら日没直後です。
P2260976.res.jpg

夕焼けを夕焼けらしく真っ赤に撮るというのは実際は結構難しく、画像編集とか当たり前の世の中ですが、それをせずにJPEG撮って出しで今回は綺麗に写せました。
上記、日没直後は広角端ですとぼやっと締まりのない夕焼けす。
P2260980.res.jpg

実際夕焼けを見に来る目的の人だって居るには居ますが、待てない人はこのくらいの焼け具合だと帰っていきます。
というよりも、夕日、太陽そのものが隠れた状態になるとダメ、というスタンスや、ポリシーという表現がいいのかわかりませんが、そういう人が多い印象でした。

上の写真の中段右当たりに短い飛行機雲があるのですが、35mm判換算焦点距離で532o相当がこちら。
上空の雲より低い位置にあり、太陽光が当たっている状態で。こういう時は期待できます。
適度に雲に遮られ赤く濃い光が、上空全体に薄く広がった雲に当たるので綺麗に焼けやすい条件です。
P2260983.res.jpg

本当に黄色みが強い光が、みるみるオレンジ色に変化していきます。
P2260990.res.jpg

雲の広がり方も、まあまあいい感じで、この後全体に色づいていくでしょう。
P2270012.res.jpg

鉄塔の向こう、いい感じに焼けてきています。
色見は全く設定は触ってませんが、やや色飽和気味かな、と個人的には感じていますがまあ綺麗であれば何でもいいです。
P2270024.res.jpg

9月に入ってから長雨や台風で天候不順な日が多かっただけに、久々に赤みの強い、ピンクっぽい色の夕焼けを見たように感じました。
P2270039.res.jpg

飛行機、知らない間に夕焼けの中を突き進んでいたようです。
P2270047.res.jpg
焼けのピークでこんな感じです。
P2270051.res.jpg

ピークを過ぎてこうなると、後は暗くなっていくばかり。
こうなるまでの間、経過時間は1枚目の写真から23分です。
P2270052.res.jpg

なんでこんなに赤みが強いのか、とか考えても仕方がないのですが、無論設定変更はしていません。
多少、デフォルトの設定の彩度が高いのかもしれませんが、気象の関係もあるのかもしれません。
特に、火山が噴火したり、上空にほこりが多いと赤くなりやすいというのはよく言われる話。
というわけで、たまたまいい具合に夕焼けの遭遇できましたという話でした。


posted by FZ仙一 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。