外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2015年05月12日

FZ1000 修理(保証修理)

久しぶりの更新です。

タイトル通りなのですが、DMC-FZ1000を修理というか、メンテナンスに出しておりました。
4月の15日に購入したお店に修理受付に持って行き、ゴールデンウィーク明けの5月7日に修理完了の連絡をもらいまして翌日に引取に行きました。
ゴールデンウィークには間に合いませんでしたが、まあ1ヶ月くらい待たされると思っていましたので良いかと。

メンテナンスに出した理由は、空を写した時に映り込む黒い点が複数個あって、絞り込めばややはっきりと写り、そしてどの画像を見ても同じ場所に黒い点が・・・
お分かりになる方もいらっしゃるかと思いますが、撮像素子に付着したゴミです。

残念ながら、FZ1000はレンズ一体型カメラなので一般ユーザーには分解清掃は敷居が高く実質不可能です。
デジタル一眼レフであればクリーニングモードがメニューにありまして、ユーザー自身での清掃も可能ですがレンズ一体型ではそうもいきません。

また、私のFZ1000はランダムに、おおよそ10,000枚写真を取れば2〜3回程度ですが液晶画面(背面もファインダーも)に縦縞のテレビのアンテナが接続されていない時のようなノイズが出ることがあり、それも点検して欲しかったからです。

そして修理から帰ってきて使ってみた状態ですが、2日ほど、約3000枚撮影してゴミの映り込みはありません。
綺麗さっぱりゴミがとれているのか、或いは気がつかないだけか・・・結果には満足しています。
結論としてはこの部分は完治ですね。

こちら、修理票です。(横向きですみません)
P5120004htrs.jpg

極稀に見られる画像のノイズについては、修理票には1000枚以上撮影しましたが症状再現せず、という事で現状維持のままだと思います。
分解して組み上げる過程で、例えば接触不良箇所などがあって、それが組み付けの際に知らぬ間に改善するなどのケースも考えられますので、これは修理報告書のコメント通り暫く様子見するしか無いでしょう。
また再現すれば画像をとって残したいのですが、該当の症状が発生した場合、シャッターボタンを半押しにしたら正常に復帰して、なかなかその状況を可視化して伝えにくいのが難点。


修理票の主要部分欄
P5120002htrs.jpg

撮影画像がその状態で残ればデータを送付するとか出来るのですが、なかなか難しい問題です。

本音を言えば、症状が再現、確認できるまで1000枚と言わず10,000枚超えても再現するまでテストしてくれればいいのですが、なかなかそういう対応を求めるのは難しいのが現実のようです。
メーカー修理請負が日研テクノ(株)さんで請負数膨大で致し方無いのかと。

そしてコメント欄です。
P5120004-1htrs.jpg

FZ1000は2014年7月発売なのでまだ1年経っておらず今回は保証修理です。
P5120003htrs.jpg

過去、私はコンタックス、ペンタックス、今回のパナソニックは日研テクノ対応、ライカ、ソニーはメーカー直の対応だったと思っていますが(あくまでも修理票からの判断ですが)コンタックスTVS-D、ペンタックスK-rとライカ(パナライカV-LUX4)は再修理を何度も経験しています。
ニコンとフジは故障すらせず、ソニーも修理後殆んど故障再発しません。

だからどうだということは無いのですが、機械ものなので癖や当たり外れ、構造上の弱点などいろいろな要素があるのかもしれませんね。
ユーザーがある程度付き合い方を寛容にせねばやっていけない部分があるのかな〜と感じる今回の修理でした。


ラベル:FZ1000 修理 保証
posted by FZ仙一 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。