外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2014年11月30日

FZ1000 レビュー 高感度

1インチの撮像センサーを搭載したカメラは、初めて購入したのがDSC-RX100でした。
購入した当時、なんてよく写るコンパクトカメラなんだと感心した事を覚えています。

その時に抱いた印象の一つとして、ISOの設定が1600以上でも使える描写だった事が
積極的に高感度の設定でもためらわずに使おうとしたきっかけでした。

ソニーは連射合成技術が長けているという事もあり、そういった使用法もOKでした。
勿論、センサーの素性が良かったという事も重要な要素で、2000万画素という
高画素化の弊害的なものは殆ど感じられませんでした。

なぜなら、さらに撮像センサーサイズの大きな機種とRAWで比較しても
見た目の遜色がないという印象だったからです。
(私見、フォーサーズの1600万画素、APS-Cの1600万画素、2400万画素との比較で)

同じ1インチセンサーのレンズ交換式アドバンストカメラと称するニコン1J1でも
夜景撮影等のシーンで高感度になってしまっても、割とクリアで使える印象です。

ただ、わざわざ高感度に設定して撮影する必要がない場合に感度を上げるような事は
今までなかったのですが、先日暗くなっても撮影する機会があり、FZ1000を高感度で
撮影したという訳です。

感度はISO1600だとごく普通に使える印象です。
この程度では、あまりざらつきも感じないですし、Web用途に絞らずとも
通常の用途OKでしょう。(全紙のプリントやA3のびとかも)

FZ1000・ISO1600
resize1874.jpg

アオサギも、目のシャープさは維持しており何世代か前のAPS-Cより良い印象です。

FZ1000・ISO1600
resize1875.jpg

比較、DSC-RX10・ISO1600
resize1881.jpg

ISO3200は、等倍表示すればディティールは失われつつありますがこちらも
通常用途なら大した問題にはならないかと思います。
正直な話、写真は明るく写っていますが肉眼ではもう暗いなあという環境です。
雨の16時半ごろなのでそういった印象。

FZ1000・ISO3200
resize1876.jpg

パナソニックにしてもソニーにしても、大変明るく写るので薄暗い中での臨場感という事に
なるとマイナス補正を強靭にかけてやる必要がありますが、-1.3程度ではまだ明るめでした。

FZ1000・ISO3200
resize1877.jpg

比較、DSC-RX10・ISO3200
resize1882.jpg

ISO6400になると、何枚か続けて撮影するとマゼンタかぶりしたような古い写真みたいな
写りになる場合がありましたが、不具合なのか画像処理の問題かは分かりません。
ただ、撮った写真に対する結果は十分で、ディティールの消失はさほど気になりません。
しかし今回、色収差が少々目立つような気がします。
(これはピントが合っていないだけかもしれませんが、低感度では目立たなかったので)

雨で薄暗いのと合わせ、被写体が黒っぽくて感度がISO6400になったバラ。
悪くないとは言うものの、雫の輝く様な艶は輝度ノイズのざらつきにのまれた印象。

FZ1000・ISO6400
resize1878.jpg

バラの品種名が書いてある看板の字、写真では分かりにくいえすが、縁取りに色収差がのっています。
倍率色収差の様な紫から緑のグラデーションという訳では無く
黄緑一色なので、ソフトウェアの収差補正処理の問題かもしれない。
低感度だと目立たないが、ノイズ、ディディール消失、解像度低下以外に
こういった弊害が出るようです。

FZ1000・ISO6400
resize1879.jpg

比較、DSC-RX10・ISO6400
resize1880.jpg

FZ1000の撮像素子はDSC-RX10などと同等の裏面照射センサーとされていますが
やはり高感度は強い印象でした。
一方、低感度は裏面でない初代RX100との描写の比較ですと負けている感じがします。
裏面照射センサーはISO400くらいから等倍表示がちぎり絵っぽくなるから、私は
そんな印象を抱いてしまうのかもしれません。

とはいえ、オリンパスペンE-P5やE-M5の一回り大きなセンサーと遜色ない
性能は引き出してやればやる程、撮影結果に満足が行く事になるので
この点は素性を把握して使う方が良い結果が得られそうです。

従来からあるコンパクトデジカメの1:1.7、1:2.33インチの撮像素子と1インチセンサーの
隙間を埋めるセンサーサイズが存在しないので、格差は凄く広がったような印象です。


posted by FZ仙一 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

FZ1000 猫

FZ1000のアピールポイントといえば、25-400mm相当の16倍ズームレンズと
4K動画と1インチセンサー。

センサーが豆粒クラスの1:1.7型や1:2.33型ならそれこそ20-1200mm相当の
画角を持つものもあり、表立ったスペックだけ見ればもっと弩級のものも
あるのですが、センサーが1インチではFZ1000と24-200mm相当のレンズの
のソニーのDSC-RX10が双璧でしょう。
ここは写真をメインで考えているブログなので、4K動画はよっぽど
いい動画が撮影出来たら載せようかと思います。
(多分今後もないと思いますが)

今後このタイプの(ネオ一眼といったジャンルで呼ばれていたもの)センサーサイズが
1インチ以上のカメラが各メーカーから発売されるか否かはわかりませんが、可能性は
あるかと思います。
ただ、600mm相当F2.8とかは巨大すぎて無理なのでしょうが・・・

この手のカメラはチャンスに対応するスピードが命。
今回はそのレスポンスが功を奏してか、普段良く逃げられてしまいがちな
猫撮りに挑戦し、相応の成果が上がりました。

きっとただ単に「にゃ〜」と鳴いているだけな筈ですが、牙を剥いている様で怖い。
resize1861.jpg

木登り猫を発見!
resize1862.jpg

目が合った薄い茶トラ、なかなか凛々しい表情。
resize1863.jpg

猫とはいえ、獰猛な表情が野性の性を感じさせます。
resize1864.jpg

それでもって、何か狙っているようで辺りを見回し狙いをつけています。
実はこれ、近くにいるカラスを狙っていたのでした。
resize1865.jpg

でも、カラスを捕まえる事は叶わず、おどけた様に一休みしだしました。
表情としぐさが豊かなネコで、見ていて飽きませんし
次は何をしてくれるのか気になる存在の猫です。
resize1866.jpg

また何か獲物を探しているのか、誰かを呼んでいるのか分かりませんが
きょろきょろと何かを探しているようです。
舌なめずりしているので、またカラス狙いか?
resize1867.jpg

この猫、カメラ目線をしてくれるのは良いですが、表情の良い時と
悪い時の差が激しい。
これなんか、完全にこちらを威嚇しているような表情です。
resize1868.jpg

最後には、とても居座りにくそうな枝で、お行儀よく座ってこちらを
向いてくれました。
最近見た猫の中で、一番いい表情で愛想もなかなか良いねこでした。
resize1869.jpg
posted by FZ仙一 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

LUMIX FZ1000

Panasonic(パナソニック)のデジタルカメラって、ほぼすべて
LUMIXブランドになっていますね。

私は只のカメラファンなので、詳しい事や細かい事のすべてを網羅してはおりませんが

例えば、ソニーであればレンズ一体型はサイバーショット DSC-○○○とか、
DSC-RX○○○、レンズ交換できるものはα6000とかα7とかα77となっていて
レンズ一体型と交換式一眼カメラの区別がつきます。

キヤノンはレンズ一体型がIXYとPowerShot、レンズ交換式はEOSとEOS Mという風に
分かれていますんで、ユーザーでなくてもカタログなど見たらある程度分かります。

でもLUMIXとなると、LX100、GM5、GX7、FZ1000、皆々ルミックスの中のコンパクトカメラ、
レンズ交換式カメラ、という括りなのです。
別にだからなんだという事は無いのですが、この前カメラの購入相談を受けて
ルミックスの○○が・・・という話になった時に、それはコンデジか?
レンズ交換式か?、高倍率か?、という事の区別が名前ではつかないという事になりました。

覚えるしかないのですが、とっかかりが分かりにくいと購入士気がそがれるそうで・・・。
何とも困った話です。

それと話は変わって、FZ1000をDXOでRAW現像した時の困惑。
左がRAW画像。
高倍率ズームで1インチセンサーともなるとこれは致し方なき広角端の歪曲。
で、右がレンズプロファイルによる自動補正。
まあこういったケースの画像では目立たないからいいとして・・・
rawkerare.jpg

これなんかは右の補正後の画像が蹴られている。
こうなってしまうと使えない現像ソフトという事になり、アップデートで対処を
して欲しい所。
rawhikaku.jpg

これは、実はJpeg撮って出しの時にも少し気になっていた事で、青空を広角端で写すと
時々画像の隅が黒っぽくなったり蹴られを生じていると疑わしき画像がありました。
画像処理エンジン(ビーナスエンジン)の生成するJpegでもかなり無理があるのか、
手振れ補正が効いたタイミング如何で光軸がずれるとこうなるように思う。
ましてやサードパーティーのRAW現像ソフトとなると、詰めが甘いか歪曲がきついのか
DXOのエリート版に課金した者にとって知る由もないが、注意が必要なカメラである。
この点はライバル機のDSC-RX10では起こっていない現象なのでちょっと残念であり
広角端で、特に無限遠から近接でも程度の差がある故気をつけたい。

これはちょっと面倒だと感じた写真。
resize1836.jpg

これも、右上がどうしても目立つのですが右下もちょっと蹴られている事が多い。
resize1835.jpg
下は地面なので目立たないケースが多いが、この先冬になり雪景色などになると
全面真っ白という環境でこのままでは困った物です。
しかもフードによる蹴られではなく、鏡筒先端の内側というのが難儀。
ラベル:FZ1000 panasonic LUMIX
posted by FZ仙一 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | LUMIX FZ1000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。