外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2014年10月26日

FZ1000 バッテリー

DMC-FZ1000のバッテリーはDMW-BLC12」という型式のリチウムイオンバッテリーです。

結構いいお値段しています。

勿論各社互換品の販売も行われてます。その「DMW-BLC12」なのですが、私も購入して検証的な事を行ってみました。

今手元には、DMW-BLC12が4種類ございます。
resize1512.jpg

バッテリーを調べる人が知りたい事は、対費用効果的な部分。
クチコミなどを見ると、純正と遜色ないという人もいれば、即効あかんという人もいますし、
そもそもカメラ側でエラーとなり受け付けないという事もあるようです。

あくまで私の環境での結果ですが、FZ1000購入時付属のバッテリーは、非常によく持ちます。
充電時間もしっかり長めですが、Lowバッテリーまでに、野鳥撮影など連射を多用する場合は
500枚くらいは撮れます。
(こまめに電源を切ったらもっと伸びしろありますし、撮影間隔が長いと減る事もあります)
追加購入するならこれがベストでしょう。
気になっている人もそれが最適解だとわかっているはずだがいかんせん消耗品としては高額です。

次にライカ銘のバッテリーです。
BP-DC12-Uという型式で、これはライカの「V-LUX4」に付属されているものです。
外観以外はDMW-BLC12と同じものかと思われます。
という訳でFZ1000でもFZ200でも使えます。
ライカ純正なのでかわかりませんが、8,000円程度で売っていて、DMW-BLC12よりもう1ランク高価。
ですが、使用感としてはDMW-BLC12とほぼ同等という印象です。
パナソニックとライカの純正バッテリーを、V-LUX4とFZ1000、互い違いに入れても
殆ど同じ結果になりまして、嗚呼、純正品の持ち、安心感、これが正直な感想です。

続いてロワジャパンの互換バッテリー。
これは、正直期待はずれな印象。
一個だけでは検証できないので、複数個購入してストしましたが、今まさに
劣化が進行中という感じで、何個かはもう充電時間も短くなり、撮影枚数も100枚いかなくなった
バッテリーもあります。
もうそろそろ廃棄してもいい時期かと感じています。
こういうバッテリーを持っていると、ここぞという時にバッテリー交換を強いられ
チャンスを逃してしまう可能性があります。
因みに、全部が悪い訳では無くて当たりであれば純正比で80%くらいの能力が
安定して出ている個体もあります。
それとていつまで続くかはわからないのですが・・・

もう一種の薄い水色の字で書かかれたDMW-BLC12互換バッテリー
こいつも純正品と比べると同等の能力は出ていないです。
購入当初は結構長持ちするかと感じてましたが、今では70%程度に感じています。
ただし、今の所突然死的な事にはなっていません。
やはり最近の互換品といった特徴が表れていて、使用するたびに劣化が進行しているのが
分かりやすいタイプのバッテリーです。

私が思うに、互換品を使う事は保障の点などを除けば別に悪い事ではないと思いますし、
故障さえしなければ機器の作動という結果に対する要求は満たせるわけです。

何年か前にリチウムイオンバッテリーの規格変更が行われた時期がありましたが
それ以前のバッテリーは持ちがよかったと思っています。
いや、きっとセルが三洋製だったのかもしれませんが、ソニーα用のNP-FM500Hなんて
いくつも互換品がありますが、どれも未だに純正と同等のパフォーマンスです。

そう思うと、中国セルの粗悪品をいかに掴まないか、が購入のポイントなのではないでしょうか。

我が家の話↓

特に持ちが悪いのは、 BLN-1(オリンパスなど)、D-Li109(ペンタックスなど)互換品です。
逆に、激安購入でもしっかり使えてるのはソニーのNP-BX1互換、Li-50BやLi-90B互換品は
普通に使えています。

DSC-RX10用のNP-FM50は互換品はことごとくエラーが出て、対応品と書かれている製品でも
受け付けない状態なので、とりあえず3個、純正品にしました。
使えないような物を対応済みとして販売している現状に憤りを感じます。

どんな製品でもそうですが、互換バッテリーは安価なので、性能さえきちんと出れば
使う事は個人の自由だと思っていますので、良い悪いの強要はできません。
良い悪いのボーダーラインは使用者自らが決める事で、許容範囲のクオリティを満たせたら
お得という事、リスクは承知の上で上手に使うのがよいかと思うのです。

まあ、最初に外れ引くと二度と互換品なんか使うか!となるかも知れないですけどね。


posted by FZ仙一 at 19:45| Comment(3) | TrackBack(0) | FZ1000 バッテリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

FZ1000 レビュー

DMC-FZ1000を使い始めてもうすぐ3ヶ月が経とうとしている。

使用用途的には自然写真、風景、野鳥などでスナップやポートレートは
撮影対象となっていないので、偏ったレビューだが悪しからず。

スイッチを入れてから起動までは割と速いと感じ、待たされ感はない。
電動ズームは手動の一眼レフ用のズームレンズと比較するとレスポンスは悪いが
4K動画の為には必要だろう。(急いで望遠端、広角端に動かしたい時はもどかしいが)

画質は他の1インチセンサー機と比較して可もなく不可もなし。
レンズのズームレンジがソニーのDSC-RX10より広い事を考えると
よく検討しているレンズだ。
しかし気になる事もあり、たまに周辺光量不足が微妙に蹴られに近いような落ち込みを
する事があり、もう暫く様子を見て、酷ければ年末前に点検に出した方がよいかと考えてる。
だが、そう感じた写真を削除してしまったのか、見つからないのだ。
因みに、広角側はRX10の方がほんの少しだけシャープネスが強く感じる。
望遠端も一段絞らないと少し甘いかと。

質感は、RX10の方が金属ボディという前提があり、FZ1000のプラボディは
少々チープと感じるかもしれない。
どちらも黒い外装なので見た目こそ変わらないかも知れないが、
手に取って触ればRX10は金属の冷たさを感じる。

操作性については多機能であるが故、完全にスムーズな変更とはいかず、
メニューの階層を探る場合もある。

バッテリーの持ちは、この手のカメラでは平均的に悪い印象はぬぐえない。
ソニーの様にバッテリー残量表示に対応して貰いたい。

曇りの日はコントラストが落ち、感度も上がりやすいが気になる程の
悪化は今の所感じていない。
この点はRX10も似たりよったり。

トンボの写真
明るくない場所であったが、ディティールの再現は良好
resize0010.jpg

ロープに止まるトンボたち
resize0011.jpg

同じような場所で撮った写真の比較
FZ1000
resize0012.jpg

ソニー RX10(200oと400o、やはり結構大きさ変わります)
resize0013.jpg

地獄谷付近
FZ1000
resize0014.jpg

RX10
resize0015.jpg

血の池付近
FZ1000
resize0017.jpg

RX10
resize0016.jpg

いつもながらまともに比較が出来るような写真はないが、実写レビューの画像で
ライバル機、DSC-RX10との描写の違いを見てほしい。









posted by FZ仙一 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

FZ1000 FZ200

ルミックスの高倍率ズーム機はFZ1000が発売される以前はFZ200が高倍率機でのフラッグシップを
担う機種で、25-600mm/F2.8通しの他社にはないスペックでした。

これらの2機種、どちらも持っていて撮り比べてみると一長一短かと思いきや
圧倒的にFZ1000の方が良いと主観も交えて推奨します。
私はFZ200は持ってませんが代わりにV-LUX4があるのでそれで比較です。
※ライカV-LUX4とルミックスFZ200は画像処理以外全く同じ物と考えて比較します。

広角端はどちらも25mm相当なので、ほぼ同じ画角ですが、望遠端の200mmの差は
まあそれなりに違いはあります。
(25o時画角、厳密には少し違いましたが誤差の範囲)

とは言え、FZ1000のセンサー画素数は約2000万、FZ200は1200万で、FZ1000はトリミングすれば
画質は落とさず同じ画角に持っていけますし、FZ200望遠端の600mm相当F2.8より
FZ1000の400mm相当F4の方が1.8倍ボケるという事になっていて、シャッタースピードを
望遠端で稼げるくらいしかFZ200のアドバンテージは感じません。
これとてFZ1000の感度を1〜2段あげてやれば良いだけですし、高感度耐性も
FZ1000の方が多少マシという感じです。

昨年V-LUX4で撮ったのと同じような感じのFZ1000の写真を比較

天候の撮影条件がフェアではないですが、情報量の違いの雰囲気

FZ1000
resize0002579.jpg

V-LUX4
resize0002578.jpg

望遠端の画角の違い
これが一番客観的に違いが分かるかも知れませんが、望遠は撮りくらべないとなかなか違いは
掴みにくい様にも感じています。

FZ1000
resize0002581.jpg

V-LUX4
resize0002580.jpg

ボケ味の違い

FZ1000
resize0002583.jpg

V-LUX4
resize0002582.jpg

こうして見ると、FZ200が検討している印象です。
しかし、等倍表示すると悲しいほど差がありまして、FZ1000はそのままでも拡大したかわからない
レベルを保っていますが、V-LUX4は油絵・千切り絵の集合体のようです・・・
ラベル:FZ1000 FZ200 RX10
posted by FZ仙一 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。