外付けストロボを使いこなして、一気にレベルアップ!

2015年09月18日

FZ1000 レビュー アケビコノハ(幼虫)

私は何でも撮影するスタンスなので、これと言って的を絞った撮影は行っておりません。
風景、市街地や人工物、花鳥風月なんでも撮りますが、あまり人気のないジャンルなのはわかっていますが昆虫も撮ります。

無論、美しい蝶や勇ましいカブトムシは絵になりますが、やはり昆虫というと苦手な人が多て見るのも嫌だという人が多いのも知っていますが、タイトルの通り、先日アケビコノハの幼虫を見ました。
実は、大発生しているようで、いつも野鳥を観察する淀川河川敷の草とかアケビの蔓にさばっています。

そもそもアケビコノハっていうのは、成虫は木の葉のような柄の羽の蛾です。
その幼虫がたくさんいまして、正直やや気持ち悪いのですが、特徴的なその姿はインパクト絶大です!

最初、ん?なんだろうって思いながら近づきました。
P2260139.res.jpg

えっ?何?、と思いつつ興味津々な私ですが・・・
アケビの葉っぱも後ろに見えてますねー。
P2260179.res.jpg

目玉のような模様がグロですが、そしてこの奇妙な格好で何匹も留っているので余計にグロテスクな感じですが・・・(ちなみに私は平気でつかめます!)
P2260194.res.jpg

はい、ジャポニカ学習帳ですね(笑)
P2260207.res.jpg

それで、まぁ他にはお見せできないような気持ち悪い昆虫たちばかりに遭遇し(例えばカメムシとかシデムシ、あとはオサムシなど)、コジュケイという鳥の、姿は見えないが鳴き声が響きわたる林の中を夕方まで徘徊、殆ど収穫なしといった感じです。

唯一救いだったのが、夕焼けがまぁ最近の天気を考えると綺麗だったことぐらい。
(と言いつつ、ブログ書いている最中は雨になってますが)

その夕焼けですが、日没後30分経過したあたりが見ごろ、と昔から言い聞かされてきました。
こちら日没直後です。
P2260976.res.jpg

夕焼けを夕焼けらしく真っ赤に撮るというのは実際は結構難しく、画像編集とか当たり前の世の中ですが、それをせずにJPEG撮って出しで今回は綺麗に写せました。
上記、日没直後は広角端ですとぼやっと締まりのない夕焼けす。
P2260980.res.jpg

実際夕焼けを見に来る目的の人だって居るには居ますが、待てない人はこのくらいの焼け具合だと帰っていきます。
というよりも、夕日、太陽そのものが隠れた状態になるとダメ、というスタンスや、ポリシーという表現がいいのかわかりませんが、そういう人が多い印象でした。

上の写真の中段右当たりに短い飛行機雲があるのですが、35mm判換算焦点距離で532o相当がこちら。
上空の雲より低い位置にあり、太陽光が当たっている状態で。こういう時は期待できます。
適度に雲に遮られ赤く濃い光が、上空全体に薄く広がった雲に当たるので綺麗に焼けやすい条件です。
P2260983.res.jpg

本当に黄色みが強い光が、みるみるオレンジ色に変化していきます。
P2260990.res.jpg

雲の広がり方も、まあまあいい感じで、この後全体に色づいていくでしょう。
P2270012.res.jpg

鉄塔の向こう、いい感じに焼けてきています。
色見は全く設定は触ってませんが、やや色飽和気味かな、と個人的には感じていますがまあ綺麗であれば何でもいいです。
P2270024.res.jpg

9月に入ってから長雨や台風で天候不順な日が多かっただけに、久々に赤みの強い、ピンクっぽい色の夕焼けを見たように感じました。
P2270039.res.jpg

飛行機、知らない間に夕焼けの中を突き進んでいたようです。
P2270047.res.jpg
焼けのピークでこんな感じです。
P2270051.res.jpg

ピークを過ぎてこうなると、後は暗くなっていくばかり。
こうなるまでの間、経過時間は1枚目の写真から23分です。
P2270052.res.jpg

なんでこんなに赤みが強いのか、とか考えても仕方がないのですが、無論設定変更はしていません。
多少、デフォルトの設定の彩度が高いのかもしれませんが、気象の関係もあるのかもしれません。
特に、火山が噴火したり、上空にほこりが多いと赤くなりやすいというのはよく言われる話。
というわけで、たまたまいい具合に夕焼けの遭遇できましたという話でした。


posted by FZ仙一 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

FZ1000 京都鴨川

家からそう遠くない鴨川、勿論、京都の鴨川です。

人と自然との触れ合いにも最適な、それでいて中々風光明媚な鴨川ですが、市街地ですし観光地として知れ渡っているので人も多く往来し、場合によっては撮影に気を使うこともあります。

どういう事かというと、撮影中に歩行者に気づかず接触したりとか、意図せず人が写って肖像権が・・・とかイベントやってて撮影許可無く写すとか諸々、一応注意が必要でした。


そんな話は言わずと知れたことですので、写真はります。
P1860037htrs.jpg


鴨川って、四条界隈から見れば上流に当たる、出町柳駅辺りの賀茂大橋という所で二股に別れています。
本来なら合流というべきですが、大半の人は下流からやってきますので、上流を眺め、二股にわかれているという表現にさせて頂きます。

二股の左が賀茂川、右が高野川、今回の舞台は賀茂川です。
(標識の写真の上の方の川)
出町柳から歩いて20分程度かかりますが、雰囲気は少しのどかになってきます。
P1860051htrs.jpg

護岸には所々ベンチなどあり休憩していると、すぐそばまでカモの方から近づいてきてくれたり・・・
(何も餌はないのですけど・・・)
P1850999htrs.jpg


ぼちぼち上流に向かって歩いていると、対岸に渡れるように大きな石が敷いてあります。
以前、渡っている最中にちょっとバランスを崩して危ういこともありましたので渡る人、一応気を付けて下さい。
P1860123htrs.jpg


渡石には石版がついていました。
かもめ?鮎だろうか?
P1860192htrs.jpgP1860190htrs.jpg


水鳥やサギはよくお目にかかりますし、コサギなんてダイナミックに魚を丸呑みしてて、喉に魚の形が・・・丸飲みって凄い。
P1860164htrs.jpg


次、そのまま上流に歩き続けると北山大橋っていうところまできます。
此処にも案内の標識が出ていて、今どこにいるのか赤丸で表示してあるのですぐに現在地が分かります。
因みに、北大路橋から北山大橋の区間に京都府立植物園がありますのでこちらも見どころ満載です。
P1860206htrs.jpg


両岸には大きな並木が森のように見えます。
これが日差しを遮り、初夏といえども朝は以外なほど涼しく爽やかなのです。
向こうに見える橋は・・・上賀茂橋ですね。
P1860253htrs.jpg

早朝散歩も兼ねてきたので、まだ朝8時前。
この時間でもウォーキングと通勤などの人も結構居ますし、時々声をかけられたりなんかもしました。
これは水鳥のモチーフでしょうね、きっと。
P1870995htrs.jpg


行って帰ってきただけですが、まあ色々と自然を感じられるほどに生物が沢山居ましたね。
これは、鯉とカモの餌の奪い合い!
P1880008htrs.jpg


くの字に曲がった飛行機雲、ハードディスクに保管してある過去の写真を見てもこういうのは殆ど無い。
珍しいと感じるのは私だけ?
P1880038htrs.jpg


対岸下流の広い河川敷では、スポーツなどのイベントほか自治体の催しも開催されている事があって、この様に遭遇することもあります。
P1880100htrs.jpg


実はこののどかな光景の中にも都会ではあまり見かけないような野鳥に遭遇しました。
P1880186htrs.jpg


多分、イカルチドリではないかと思いますが、対岸の中洲になっているような部分の砂利の中をトコトコと歩いていました。
結構早いです、歩くの。
P1880208htrs.jpgP1880214htrs.jpgP1880280htrs.jpg

暫く見ていたんですが、休んでしまいました。
ひょっとして、卵でも有るのでしょうか?
でも。雨が降ると確実に流されるような場所に卵があるのを見たこともあるので少々心配ですが・・・
P1880297htrs.jpg


そんな感じで小一時間散歩したわけですが、結構楽しめます、賀茂川の河川敷。
どうしても動植物と風景になってしまいますが、以外なほど種類も数も多くいる印象で、取り敢えずカメラを持ち歩けば何かしら写したくなる・・・そんな不思議な景色が広がる場所でした。
posted by FZ仙一 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

FZ1000 修理(保証修理)

久しぶりの更新です。

タイトル通りなのですが、DMC-FZ1000を修理というか、メンテナンスに出しておりました。
4月の15日に購入したお店に修理受付に持って行き、ゴールデンウィーク明けの5月7日に修理完了の連絡をもらいまして翌日に引取に行きました。
ゴールデンウィークには間に合いませんでしたが、まあ1ヶ月くらい待たされると思っていましたので良いかと。

メンテナンスに出した理由は、空を写した時に映り込む黒い点が複数個あって、絞り込めばややはっきりと写り、そしてどの画像を見ても同じ場所に黒い点が・・・
お分かりになる方もいらっしゃるかと思いますが、撮像素子に付着したゴミです。

残念ながら、FZ1000はレンズ一体型カメラなので一般ユーザーには分解清掃は敷居が高く実質不可能です。
デジタル一眼レフであればクリーニングモードがメニューにありまして、ユーザー自身での清掃も可能ですがレンズ一体型ではそうもいきません。

また、私のFZ1000はランダムに、おおよそ10,000枚写真を取れば2〜3回程度ですが液晶画面(背面もファインダーも)に縦縞のテレビのアンテナが接続されていない時のようなノイズが出ることがあり、それも点検して欲しかったからです。

そして修理から帰ってきて使ってみた状態ですが、2日ほど、約3000枚撮影してゴミの映り込みはありません。
綺麗さっぱりゴミがとれているのか、或いは気がつかないだけか・・・結果には満足しています。
結論としてはこの部分は完治ですね。

こちら、修理票です。(横向きですみません)
P5120004htrs.jpg

極稀に見られる画像のノイズについては、修理票には1000枚以上撮影しましたが症状再現せず、という事で現状維持のままだと思います。
分解して組み上げる過程で、例えば接触不良箇所などがあって、それが組み付けの際に知らぬ間に改善するなどのケースも考えられますので、これは修理報告書のコメント通り暫く様子見するしか無いでしょう。
また再現すれば画像をとって残したいのですが、該当の症状が発生した場合、シャッターボタンを半押しにしたら正常に復帰して、なかなかその状況を可視化して伝えにくいのが難点。


修理票の主要部分欄
P5120002htrs.jpg

撮影画像がその状態で残ればデータを送付するとか出来るのですが、なかなか難しい問題です。

本音を言えば、症状が再現、確認できるまで1000枚と言わず10,000枚超えても再現するまでテストしてくれればいいのですが、なかなかそういう対応を求めるのは難しいのが現実のようです。
メーカー修理請負が日研テクノ(株)さんで請負数膨大で致し方無いのかと。

そしてコメント欄です。
P5120004-1htrs.jpg

FZ1000は2014年7月発売なのでまだ1年経っておらず今回は保証修理です。
P5120003htrs.jpg

過去、私はコンタックス、ペンタックス、今回のパナソニックは日研テクノ対応、ライカ、ソニーはメーカー直の対応だったと思っていますが(あくまでも修理票からの判断ですが)コンタックスTVS-D、ペンタックスK-rとライカ(パナライカV-LUX4)は再修理を何度も経験しています。
ニコンとフジは故障すらせず、ソニーも修理後殆んど故障再発しません。

だからどうだということは無いのですが、機械ものなので癖や当たり外れ、構造上の弱点などいろいろな要素があるのかもしれませんね。
ユーザーがある程度付き合い方を寛容にせねばやっていけない部分があるのかな〜と感じる今回の修理でした。
ラベル:FZ1000 修理 保証
posted by FZ仙一 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FZ1000ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。